100%選ばれている、
1on1支援ツール
対話がスムーズ
になった
79.8%
対話の質の向
上を感じる
86.6%
心理的・物理的な
負担が減った
84.5%
資料請求・お問い合わせ

「ちょっと聞いて欲しい」を、きちんと話せる 1on1がいつもある

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。「ちょっと聞いて欲しい」を、きちんと話せる 1on1がいつもある。

詳細はこちら

「みんなのサポーター」として、メンバーを掴み仕事のやりがいを深める1on1

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。「みんなのサポーター」として、メンバーを掴み仕事のやりがいを深める1on1。

詳細はこちら

一人ひとりを深く知る特別な時間 1on1が結果を生む

三井住友DSアセットマネジメント様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。一人ひとりを深く知る特別な時間 1on1が結果を生む。

詳細はこちら

「主体性」を発揮できる・引き出せる2種類の1on1

旭化成様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。「主体性」を発揮できる・引き出せる2種類の1on1。

詳細はこちら

日常業務の「行間」を埋める1on1で共感領域を広げる。

リコージャパン様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。日常業務の「行間」を埋める1on1で共感領域を広げる。

詳細はこちら

「壁当ての場」としての1on1がつくる成長、そして信頼。

朝日新聞様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。「壁当ての場」としての1on1がつくる成長、そして信頼。

詳細はこちら

「対話の生産性」を高める仕組みが、1on1をつぎの次元に引き上げる。

アステラス製薬様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。「対話の生産性」を高める仕組みが、1on1をつぎの次元に引き上げる。

詳細はこちら

理解と信頼を生み出す1on1が、リモートワークの基盤へ。

NECマネジメントパートナー様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。理解と信頼を生み出す1on1が、リモートワークの基盤へ。

詳細はこちら

負担なく、自然に継続できる1on1が、 リモートワークの二人をつなぐ。

パーソル総合研究所様、KAKEAI(カケアイ)を使った1on1の事例。負担なく、自然に継続できる1on1が、 リモートワークの二人をつなぐ。

詳細はこちら

Awards

労働力人口減少、多様化、急激に重要性が増すピープルマネジメント支援、集団ではなく個へのフォーカス等、社会変化対応する「次のHR tech」「Work tech」として、実績と新規性を国内外から高くご評価いただいています。
日本企業で初めて世界のHR techスタートアップ30社に選出(世界最大級のHR techイベントである「HR Technology Conference」より)、アジア太平洋地域における2019・2020 HR tech サービス TOP10 に選出(世界有数のHRtechメディア「HR TECH Outlook」より)、アジア最大級のHRtechカンファレンスHRM Asia2020においてエンゲージメント向上部門SILVER受賞。HRテクノロジー大賞 2020  サービス提供会社最高賞受賞(イノベーション賞) 、Digital HR Competition 2020 最高賞グランプリ受賞、HRtech GP 2019 最高賞グランプリ受賞。その他受賞多数。

Patents

カケアイには、
ピープルマネジメントを進化させる複数の特許が組み込まれています。
特許第6534179号、特許第6602996号、特許第6602997号、特許第6651175号、特許6813219号/マネジャーやメンター個人の過去の経験や、感覚に依存しがちなピープルマネジメントを変える複数の特許(特許権者:株式会社KAKEAI)

Service

事実、カケアイは1on1ツールの比較検討をされている企業において、
一度も選ばれなかったことがありません(2021年7月現在)

メンバーやマネジャー視点で開発された、
『1on1の心理的・物理的負担を減らしながら、対話の質を高める仕組み』
がその理由です。
1on1の前も最中も後も、
カケアイがメンバーとマネジャーの間に入り、コミュニケーションをサポートします。
1on1の前も最中も後も、
カケアイがメンバーとマネジャーの間に入り、
コミュニケーションをサポートします。

1on1の前メンバーとマネジャーの事前準備の負担と不安を軽減

1on1の前メンバーとマネジャーの
事前準備の負担と不安を軽減

1
メンバーの事前準備は選ぶだけ
言葉で伝えるのが難しく面倒なことを遠慮なく簡単に伝えられる
マネジャーは心の準備が十分にできるズレない・本音が聞ける・話せる ための情報をレコメンド
事前準備はとにかく簡単。日程を決め、話したい「トピック」と「マネジャーに求める対応」を選ぶだけ。「求める対応」とは「具体的なアドバイスがほしい・一緒に考えて欲しい・話をきいてほしい・意見をききたい・報告したい」というもの。言葉にして伝えるのが難しく面倒な「マネジャーに求める対応」を遠慮なく選ぶことができ、1on1を自分ための時間に変えることができます。日程は、普段お使いのOutlookやGoogleカレンダーに自動反映されます。
2
マネジャーは心の準備が十分にできる
ズレない・本音が聞ける・話せる ための情報をレコメンド
メンバーは何について話したいと思い、自分にどのような対応(テーマ)を求めているのか?
「具体的なアドバイスがほしいのか?」「一緒に考えて欲しいのか?」「話をきいてほしいのか?」「意見をききたいのか?」「報告したいだけなのか?」。これらが事前に掴めるだけでもストレスが減り、質が高い1on1が実施できます。さらに、マネジャー自身が得意な対応(テーマ)なのか?苦手な対応(テーマ)だから注意して対話すべきなのか?も伝えます。そのテーマの対話をする上で、世の中のカケアイを利用する全てのマネジャーが持つ「知恵やコツ」までレコメンド。マネジャーを徹底的に助けます。

1on1の最中コミュニケーションのズレをなくし、1on1を積み上げる

1on1の最中コミュニケーションのズレをなくし、
1on1を積み上げる

3
1on1での対話が積み上がる
認識のズレをカバーし、シームレスに宿題を設定する事も可能
オンライン会議システムは不要です。ビデオ通話機能が内蔵されています。
共通のメモスペースは共同編集でき、お互いの入力をリアルタイムに確認し合えます。仕事の会話も、キャリアの会話も、プライベートの会話も...お互いの認識がずれることはありません。残したメモは、次の1on1にも引き継がれます。忙しいマネジャーが会話の内容を忘れてしまうことを防ぐだけではなく、毎回の1on1の対話をしっかり積み上げ、質を高め続けることを助けます。
シームレスに「宿題」を設定することも可能。OutlookやGoogleカレンダーへ自動反映されます。

1on1の後マネジャー自身が行動改善材料を手にできる

1on1の後マネジャー自身が
行動改善材料を手にできる

4
忖度不要なFB機能で
マネジャー自身が行動改善材料を手にできる
メンバーは、1on1が終わったら「すっきり!」ボタンを押します。気を使って押す必要がないように、マネジャーには誰がどのように押したかはわからない仕組みになっています。マネジャーには、月に1度、メンバー全体の傾向として、1on1の満足度や、トピック×対応ごとの得意・苦手をフィードバックします。マネジャー自身も早め早めに自分の行動を改善できます。さらに、月に一度メンバーには約1分で終了する簡単なサーベイで「成長の実感」を選択してもらいます。これも、マネジャーへフィードバックし、マネジャー自身の認識に照らしながら1on1での対話へ活かすことができます。

1on1以外の日常でも

5
1on1以外でもメッセージのやりとりが可能
蓄積するマネジャー個人が持つ対話のナレッジが、組織全体で使える
カケアイは、1on1以外の場面でも日常的に有効に使えます。育成の観点やメンバーの困りごとに対して、「これは伝えておきたい」ということをメッセージすることができます。このデータは、それぞれのマネジャーが持つメンバーとの対話や関わり方のナレッジです。このナレッジは、メンバーの状況や育成のテーマごとに分類され、組織の全てのマネジャーがいつでも自由に活かせます。
1on1支援をベースに、最前線のマネジメント支援・強化、ピープルマネジメント全般をサポートします。
<必要に応じて追加いただけるオプション機能>
〈個を適切に捉える〉
脳科学に基づく
「セルフアセスメント」
約10分の脳科学に基づくとても簡単なセルフアセスメントで、自分と相手の違いを可視化。関わり方の指針や力の引き出し方を端的に掴むことができます。
項目は、大きく4項目「仕事に欲求」「力を発揮しやすい状態」「仕事におけるこだわり」「ストレスの感じ方」、詳細33項目。いずれもマネジメントにおける関わり方を左右する重要な観点です。 「きっとこういう人だろう...」、経験や勘に依存した見立て間違いが招く不幸を防ぎ、関わり方の質を高めます。
〈中長期・本人視点での成長支援〉
意志・力・仕事の活かし方の
「すり合わせ」
メンバーの意志(Will)と今の仕事(Must)を、力(Can)を使ってつなぎ合わせる対話を補助。
複数のミーティングや個人ワークを通じて、マネジャーが、メンバー自身の将来のイメージをしっかりと理解し、「今の力」「将来必要になる力」について、本人の認識とマネジャーの認識をじっくりすり合わせながら、最終的には今の仕事の活かし方を本人と合意します。力は、職種や等級・グレードごとのコンピテンシーや定義を個別設定することも可能です。
日常の1on1をより有意義なものに変えられます。
〈タイムリーに状態を掴む〉
メンバー同士の気づきを拾う
「気づきボタン」
タイムリーに掴むことが難しくなっている個々のメンバーの状態。
メンバー同士の「同僚についての『気づき』」を拾いあげる仕組みで、マネジャーの感覚を補います。
「◯◯さんが□□に困っていそう!」というメンバーの気づきはマネジャーへのみお知らせ。一方「◯◯さん、△△が順調に進んでいそう!!」というポジティブな気づきは全ユーザーへお知らせし、拍手を送りあうことができます。
マネジャーは、自分自身の感覚とのズレを捉えながら、より有効な1on1につなげることができます。

Price

ランニングは「基本利用料+従量(上司やメンターとしてご利用の人数分)」
時期によりお得なキャンペーン価格もご用意しています。
詳細はお気軽にお問い合わせください。
Basic:1on1機能
初期費用
10万円

ランニング
  • 基本利用料
  • 従量(上司やメンターとしてご利用される人数お一人あたり)
    メンバーやシステムの管理者など、
    上司・メンター以外のユーザーのご利用人数は無制限・無料。
  • 年間 120万円
  • 年間 4.2万円
ランニング
  • 基本利用料
  • 従量(上司やメンターとしてご利用される人数お一人あたり)
  • 年間 120万円
  • 年間 4.2万円
メンバーやシステムの管理者など、
上司・メンター以外のユーザーのご利用人数は無制限・無料。
Basic機能に加えてOption機能をご利用の場合、
従量(上司やメンターとしてご利用される人数お一人あたり)部分が加算されます。
メンバーやシステムの管理者など、上司・メンター以外のユーザーのご利用人数は無制限・無料です。
Option
〈個を適切に捉える〉
脳科学に基づく
「セルフアセスメント」
年間+0.6万円
Option
〈中長期・本人視点での成長支援〉
意志・力・仕事の活かし方の
「すり合わせ」
年間+1.2万円
Option
〈タイムリーに状態を掴む〉
メンバー同士の気づきを拾う
「気づきボタン」
年間+1.2万円
※全て税別表示です。

サービスのお問い合わせ
各種資料ダウンロードはこちら

   
  • サービスの
    詳細説明を
    ご希望の方
  • サービス
    紹介動画の
    視聴をご希望の方
  • 他社サービス
    比較資料を
    ご希望の方
下記の項目をご入力ください。
担当よりメールまたはお電話にてご連絡差し上げます。
下記の項目をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に動画視聴先のURLを送付いたします。
下記の項目をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛にダウンロード先のURLを送付いたします。

Passion

今この瞬間も起きている、
自分と同じ失敗が招く、
働く一人ひとりと組織の不幸を世界から無くす。
(株式会社KAKEAI、創業の想い)
詳細はこちら