fbpx

仕事における欲求

「仕事に対してどのような欲求を持っているか」を表しています。能力やスキルを表すものでないため、例えば、「『目標達成したい』という欲求が“大きい”人の方が、“小さい”人と比べて目標達成する能力が高い」という訳では決してなく、あくまで自分自身の特性を表しています。「自分自身が仕事に対してやる気を高めるためにはどのような工夫をした方がよいのか」に活かすことができます。仕事においてやる気を高めるための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事において力が発揮されやすい状態

「どのような状態の時に力が発揮されやすいか」を表しています。例えば、「是非やりたい!」という気持ちになっている時に力を発揮しやすい特性の人もいれば、「絶対にやらなければならない」という気持ちの時に力を発揮し易い人もいます。これも人の特性です。「自分自身が仕事をはかどらせるにはどのようなことを心掛けた方がよいか」に活かすことができます。仕事をはかどらせるための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事を進める上で重視すること

「仕事を進める上でどのようなことを重視する傾向にあるか」を表しています。重視することは良い面として活かせる反面、過剰な拘りとして現れる可能性も秘めています。「良い面として活かすためにどのような点に注意して仕事を進めた方がよいか」に活かすことができます。仕事を進める上で重視することをより活かすための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事においてストレスを感じるポイント

「ストレスの感じ方」を表しています。例えば、“目標”というも一つとっても、それが“曖昧”であればストレスに感じる人もいれば、それが“明確”であればストレスに感じる人もいます。また、“目標”が“手が届きやすいもの”であればストレスに感じる人もいれば、“手が届きにくいもの(高い目標)”であればストレスに感じる人もいます。「できる限り自分自身のストレスを発生させない工夫や、軽減させる工夫」に活かすことができます。ストレスを軽減しながら仕事を進めるための具体的な考え方や行動も確認できます。

さらに、他のメンバーとの
特性の違いを理解できる

自分自身と同僚がセルフアセスメントを実施すると確認できるようになります。セルフアセスメントを実施し直せばすぐに更新されます。決して、能力やスキルを表すものではありません。全て「どれが大きい方が良い・悪い、どれが小さい方が良い・悪い」という見方をするものでもありません。当然、私たちは一人ひとり違い、それぞれの特性があります。お互いを理解し合うための画面です。お互いの特性について理解し合っておくことは、コミュニケーションの質や、共に働く意味を高める第一歩です。
「総合的に特性がどの程度異なるのか」を表しています。100に近いほど、お互いの特性の違いが大きいことを意味しています。違いが大きいということは、例えば『自分がこう関わって欲しいから、相手にもそうする』ということでは、コミュニケーションがズレることが多いということです。つまり、特性の違いが大きければ大きいほど、自分の基準でコミュニケーションするのではなく、相手にとって最適なコミュニケーションを工夫することが大切です。

仕事における欲求

「仕事に対してどのような欲求を持っているか」を表しています。能力やスキルを表すものでないため、例えば、「『目標達成したい』という欲求が“大きい”人の方が、“小さい”人と比べて目標達成する能力が高い」という訳では決してなく、あくまで自分自身の特性を表しています。「自分自身が仕事に対してやる気を高めるためにはどのような工夫をした方がよいのか」に活かすことができます。仕事においてやる気を高めるための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事において力が発揮されやすい状態

「どのような状態の時に力が発揮されやすいか」を表しています。例えば、「是非やりたい!」という気持ちになっている時に力を発揮しやすい特性の人もいれば、「絶対にやらなければならない」という気持ちの時に力を発揮し易い人もいます。これも人の特性です。「自分自身が仕事をはかどらせるにはどのようなことを心掛けた方がよいか」に活かすことができます。仕事をはかどらせるための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事を進める上で重視すること

「仕事を進める上でどのようなことを重視する傾向にあるか」を表しています。重視することは良い面として活かせる反面、過剰な拘りとして現れる可能性も秘めています。「良い面として活かすためにどのような点に注意して仕事を進めた方がよいか」に活かすことができます。仕事を進める上で重視することをより活かすための具体的な考え方や行動も確認できます。

仕事において
ストレスを感じるポイント

「ストレスの感じ方」を表しています。例えば、“目標”というも一つとっても、それが“曖昧”であればストレスに感じる人もいれば、それが“明確”であればストレスに感じる人もいます。また、“目標”が“手が届きやすいもの”であればストレスに感じる人もいれば、“手が届きにくいもの(高い目標)”であればストレスに感じる人もいます。「できる限り自分自身のストレスを発生させない工夫や、軽減させる工夫」に活かすことができます。ストレスを軽減しながら仕事を進めるための具体的な考え方や行動も確認できます。

さらに、他のメンバーとの
特性の違いを理解できる

自分自身と同僚がセルフアセスメントを実施すると確認できるようになります。セルフアセスメントを実施し直せばすぐに更新されます。決して、能力やスキルを表すものではありません。全て「どれが大きい方が良い・悪い、どれが小さい方が良い・悪い」という見方をするものでもありません。当然、私たちは一人ひとり違い、それぞれの特性があります。お互いを理解し合うための画面です。お互いの特性について理解し合っておくことは、コミュニケーションの質や、共に働く意味を高める第一歩です。
「総合的に特性がどの程度異なるのか」を表しています。100に近いほど、お互いの特性の違いが大きいことを意味しています。違いが大きいということは、例えば『自分がこう関わって欲しいから、相手にもそうする』ということでは、コミュニケーションがズレることが多いということです。つまり、特性の違いが大きければ大きいほど、自分の基準でコミュニケーションするのではなく、相手にとって最適なコミュニケーションを工夫することが大切です。

メンバーの
今をキャッチ

Solution_Button_Left

毎月一回の
カンタンサーベイ

Solution_Button_Right

ご利用プラン

※上記金額には消費税は含まれていません。
※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

ご利用プラン

※上記金額には消費税は含まれていません。
※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

ご利用開始までの流れ

ご利用開始まで、最短「1日以内」で対応いたします

開始方法が不安な方も安心「導入ガイダンス」

貴社の状況に合わせ最適なサポート。オンライン会議や動画などでしっかり説明いたします。
ご利用開始にあたりマネジャー・メンバーの皆さまにお集まりいただければ、操作説明も実施いたします。

ご利用開始までの流れ

ご利用開始まで、

最短「1日以内」で対応いたします

開始方法が不安な方も安心

「導入ガイダンス」

貴社の状況に合わせ最適なサポート。
オンライン会議や動画などで
しっかり説明いたします。
ご利用開始にあたりマネジャー・メンバーの
皆さまにお集まりいただければ、
操作説明も実施いたします。