fbpx

大手企業さまにもご利用いただいております

大手企業さまにも
ご利用いただいております

分析とピープルマネジメントに特化。
メンバーの状態をデータで「みる」「わかる」。マネジメントの方向性を「きめる」「うごく」。

チームが仕事で困っていることがあったり、不安を抱えている時、マネジャーには早期の対応が求められます。
しかし、メンバーの変化に気づいていながらも原因が掴めずケアしきれない。など、
もどかしさを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
メンバーも、悩みを抱えながらも何もフォローがなく、誰も自分のことを気にかけてくれていないのでは…と思ってしまう。
そんな、掛け違いを私たち「カケアイ」の機能で解決いたします。

分析とピープルマネジメントに特化。
メンバーの状態をデータで
「みる」「わかる」。
マネジメントの方向性を
「きめる」「うごく」。

チームが仕事で困っていることがあったり、
不安を抱えている時、
マネジャーには早期の対応が求められます。
しかし、メンバーの変化に気づいていながらも
原因が掴めずケアしきれない。など、
もどかしさを感じている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
メンバーも、悩みを抱えながらも何もフォローがなく、
誰も自分のことを気にかけてくれていないのでは…
と思ってしまう。
そんな、掛け違いを私たち
「カケアイ」の機能で解決いたします。

1on1・面談サポート

メンバーは気楽に簡単に話したいことを選ぶだけ。マネジャーは何を会話すればOKか理解して望める。すっきりボタンで次につなげる。

Group 1782

成長のためのすり合わせ

メンバー本人が抱く将来のイメージ・それに向けて伸ばす力・だからこそ今の仕事をどう活かすか、という会話や設定をサポート。

気づきボタン

メンバー同士の◯◯さんが困っていそうという“気づき”を拾い上げ、タイムリーにマネジャー等へお知らせ。目を補い、手遅れを防ぐ。

セルフアセスメント

脳科学に基づくセスメントで、メンバーの人となりについての誤解を瞬時に補正。さらには一人ひとりに対する具体的な関わり方もアドバイス。

Monthly hearing

月に1度のカケアイからの自動ヒアリング。メンバー一人ひとりの成長実感やマネジメントに対する感じ方をキャッチし、改善へ接続。

アドバイスタイムライン

マネジャーが自身のメンバーに対して送ったアドバイスをリアルタイムにマネジャー間で共有。いいね!の励まし合いと刺激でミドルを繋ぐ。

ナレッジデータベース

マネジメントに関する知見をストック。職種・地域・時代を超えてナレッジを展開し、組織全体のマネジメント力を高め続ける。

ビジュアライゼーション

現場の実態を具体的かつ端的に可視化。ファクトをベースに、スピーディーかつシャープな現場フォローと状態改善をサポート。

1on1・面談サポート

メンバーは気楽に簡単に話したいことを選ぶだけ。マネジャーは何を会話すればOKか理解して望める。すっきりボタンで次につなげる。

成長のためのすり合わせ

メンバー本人が抱く将来のイメージ・それに向けて伸ばす力・だからこそ今の仕事をどう活かすか、という会話や設定をサポート。

気づきボタン

メンバー同士の◯◯さんが困っていそうという“気づき”を拾い上げ、タイムリーにマネジャー等へお知らせ。目を補い、手遅れを防ぐ。

セルフアセスメント

脳科学に基づくセスメントで、メンバーの人となりについての誤解を瞬時に補正。さらには一人ひとりに対する具体的な関わり方もアドバイス。

Monthly hearing

月に1度のカケアイからの自動ヒアリング。メンバー一人ひとりの成長実感やマネジメントに対する感じ方をキャッチし、改善へ接続。

アドバイスタイムライン

マネジャーが自身のメンバーに対して送ったアドバイスをリアルタイムにマネジャー間で共有。いいね!の励まし合いと刺激でミドルを繋ぐ。

ナレッジデータベース

マネジメントに関する知見をストック。職種・地域・時代を超えてナレッジを展開し、組織全体のマネジメント力を高め続ける。

ビジュアライゼーション

現場の実態を具体的かつ端的に可視化。ファクトをベースに、スピーディーかつシャープな現場フォローと状態改善をサポート。

カケアイで実現する、OODA(ウーダ)のループ。

企業における経営変化の
変化への対応力の重要性が説かれるようになって久しくなります。
不確実性や複雑性、曖昧性が高まるVUCA(ブーカ)時代に本格的に突入した中で、
世界中の誰もが経験したことのないブラックスワン的な出来事が起きました。

「見通しが立ちにくい」、「妥当な解を見つけにくい」。

こんな状況だからこそ、
改めて注目されているのがOODAループ(ウーダループ)です。

そして、そのOODAループ(ウーダループ)を組織やチームで回していくためには、
メンバーの日常の生産性や、
仕事を通じて得られる
「実感(=成長・関わり方)の質」を高める
「そこで働く個人の今」に向き合うマネジメントが必要になると私たちは考えます。

KAKEAIは事業のOODAループ(ウーダループ)を
加速する
プラットフォームとして組織と個人を支援します。

カケアイを利用する人々のマネジメントにおける

Observe:観察=個人を見る・客観的な情報を集める
Orient:状況判断=感じたことから方向づける
Decide:意思決定=今、必要な関わり方を決める
Act:行動=働きかけて、次に活かす

を支援し、最適なピープルマネジメントを実現。
さらに、カケアイに触れる人々が世界中の
マネジメントのナレッジにアクセスできるようにすることで、
あらゆる「そこで働く個人の今」を知り、
組織全体のマネジメント力・生産性、さらに不確実性からの対応力を高めていきます。

カケアイ利用企業の「メンバー満足度」と
「離職率・業績指数」の変遷

過去を振り返って、上司から適切に関わってもらえたと感じるか?など、KAKEAI利用後のメンバーの方々の上長に対する満足度と同期間における、離職率・業績指数を比較。どちらも改善傾向にあることがわかります。

さらに、定性的な調査でもマネジャーの方は、これまで掴めなかった現場の実態がはっきりと掴めた。なぜこれまでメンバーとうまく関わることができなかったのかその理由に気づけた。など、メンバーの方々は、自分に対する対応が、自分に合っていると感じつつも、会社として、きちんと一人ひとりをみようとしてくれていることを実感しているという結果に。

※数値は、KAKEAI「非」利用組織の、離職率前年同月比を100とし比較。

カケアイ特有の技術

特許第6534179号、特許第6602996号、特許第6602997号、特許第6651175号
ピープルマネジメントの属人性を排除するためのデータセットを用いて、蓄積されるナレッジを展開するシステムデータセット【どのような人が、どのような人に対して、どのような状況で、どう関わり、それを相手がどう感じたか】

※他「人と人の違いを踏まえて相手への関わり方をアドバイスを提供するアルゴリズム」等。

カケアイで実現する、
OODA(ウーダ)のループ。

企業における経営変化の変化への対応力の重要性が説かれるようになって久しくなります。不確実性や複雑性、曖昧性が高まるVUCA(ブーカ)時代に本格的に突入した中で、世界中の誰もが経験したことのないブラックスワン的な出来事が起きました。

「見通しが立ちにくい」、「妥当な解を見つけにくい」。こんな状況だからこそ、
改めて注目されているのがOODAループ(ウーダループ)です。

そして、そのOODAループ(ウーダループ)を組織やチームで回していくためには、メンバーの日常の生産性や、仕事を通じて得られる
「実感(=成長・関わり方)の質」を高める「そこで働く個人の今」に向き合うマネジメントが必要になると私たちは考えます。

KAKEAIは事業のOODAループ(ウーダループ)を加速する
プラットフォームとして組織と個人を支援します。

カケアイを利用する人々のマネジメントにおける

Observe:観察=個人を見る・客観的な情報を集める
Orient:状況判断=感じたことから方向づける
Decide:意思決定=今、必要な関わり方を決める
Act:行動=働きかけて、次に活かす

を支援し、最適なピープルマネジメントを実現。さらに、カケアイに触れる人々が世界中のマネジメントのナレッジにアクセスできるようにすることで、あらゆる「そこで働く個人の今」を知り、組織全体のマネジメント力・生産性、さらに不確実性からの対応力を高めていきます。

カケアイ利用企業の
「メンバー満足度」と
「離職率・業績指数」の変遷

過去を振り返って、上司から適切に関わってもらえたと感じるか?など、KAKEAI利用後のメンバーの方々の上長に対する満足度と同期間における、離職率・業績指数を比較。どちらも改善傾向にあることがわかります。

さらに、定性的な調査でもマネジャーの方は、これまで掴めなかった現場の実態がはっきりと掴めた。なぜこれまでメンバーとうまく関わることができなかったのかその理由に気づけた。など、メンバーの方々は、自分に対する対応が、自分に合っていると感じつつも、会社として、きちんと一人ひとりをみようとしてくれていることを実感しているという結果に。

※数値は、KAKEAI「非」利用組織の、離職率前年同月比を100とし比較。

カケアイ特有の技術

特許第6534179号、特許第6602996号、特許第6602997号、特許第6651175号 ピープルマネジメントの属人性を排除するためのデータセットを用いて、蓄積されるナレッジを展開するシステムデータセット【どのような人が、どのような人に対して、どのような状況で、どう関わり、それを相手がどう感じたか】

※他「人と人の違いを踏まえて相手への関わり方をアドバイスを提供するアルゴリズム」等。

カケアイで実現した、企業さまごとの課題解決事例
上司と部下の
日常のやりとりが
人財育成の肝になる

スピーディかつ不確実な時代には、過去の経験からでは正解が出せないことも多いです。メンバが自ら考えて自律的に仕事を進めるのを促すマネジメントへの転換が必要になっています。しかし、「対話を部下一人ひとりに合わせて、変える」ことは頭では分かっていても、実践するのは難しい。そこで、マネジャーにヒントや支援を提供する仕組みとして期待しました。マネジャーが自身の対話の課題を把握し、対応のヒントを得られるカケアイと1on1をセットで推進し、対話の質量強化をしながら、部下の成長と高い生産性を両立することを目指しています。

オムロングループ
オムロン エキスパートリンク株式会社
人財開発センタ
人財育成部長 粂田陽子さま

マネジメントに関するナレッジをシェア
成長実感など個人個人の状態が明確に

GM(グループマネジャー)とメンバーの1on1を推奨してきましたが、個人力に委ねざるを得ず、GM一人ひとりを支援する仕組みとしてカケアイに興味を持ちました。特に、業務やテクニカルスキルではなく、ピープルマネジメントに関するナレッジをシェアできるのは魅力的でした。また、「組織全体を把握しきれない」ゆえ「知りうる範囲のアクションにとどまる」という課題がある中、カケアイのMonthly hearingでは関わり方や成長実感など個人個人の状態が明確になるため、組織の実態について共通認識を持つプラットフォームとして活用しています。

さくらインターネット株式会社
技術本部HRBP
川原一也さま

100人100通りの
マネジメントの実現に向けて

エンジニア一人ひとりの可能性を最大限に引き出すための重要な役割を持つ「メンター」を持続的に育てる仕組みとしてカケアイを導入しました。1人に対し20名近くのメンティがいる中で、セルフアセスメントから導かれる特性の違いに応じたヒントによって、一人ひとりに最適な関わり方が可能になりました。さらに、メンティ一人ひとりの成長実感とメンター本人の関わり方へのFB結果を毎月振り返り、関わり方を自らチューニング。現在はメンター同士のナレッジを循環させ、どこからでも、誰からでも、メンティを支えられる組織の実現を目指しています。

ジェイシーテクノロジー株式会社
取締役 技術サービス部
部長 古和田直樹さま

カケアイで実現した、
企業さまごとの課題解決事例
上司と部下の
日常のやりとりが
人財育成の肝になる

スピーディかつ不確実な時代には、過去の経験からでは正解が出せないことも多いです。メンバが自ら考えて自律的に仕事を進めるのを促すマネジメントへの転換が必要になっています。しかし、「対話を部下一人ひとりに合わせて、変える」ことは頭では分かっていても、実践するのは難しい。そこで、マネジャーにヒントや支援を提供する仕組みとして期待しました。マネジャーが自身の対話の課題を把握し、対応のヒントを得られるカケアイと1on1をセットで推進し、対話の質量強化をしながら、部下の成長と高い生産性を両立することを目指しています。

オムロングループ
オムロン エキスパートリンク株式会社
人財開発センタ
人財育成部長 粂田陽子さま

マネジメントに関するナレッジをシェア
成長実感など個人個人の状態が明確に

GM(グループマネジャー)とメンバーの1on1を推奨してきましたが、個人力に委ねざるを得ず、GM一人ひとりを支援する仕組みとしてカケアイに興味を持ちました。特に、業務やテクニカルスキルではなく、ピープルマネジメントに関するナレッジをシェアできるのは魅力的でした。また、「組織全体を把握しきれない」ゆえ「知りうる範囲のアクションにとどまる」という課題がある中、カケアイのMonthly hearingでは関わり方や成長実感など個人個人の状態が明確になるため、組織の実態について共通認識を持つプラットフォームとして活用しています。

さくらインターネット株式会社
技術本部HRBP
川原一也さま

100人100通りの
マネジメントの実現に向けて

エンジニア一人ひとりの可能性を最大限に引き出すための重要な役割を持つ「メンター」を持続的に育てる仕組みとしてカケアイを導入しました。1人に対し20名近くのメンティがいる中で、セルフアセスメントから導かれる特性の違いに応じたヒントによって、一人ひとりに最適な関わり方が可能になりました。さらに、メンティ一人ひとりの成長実感とメンター本人の関わり方へのFB結果を毎月振り返り、関わり方を自らチューニング。現在はメンター同士のナレッジを循環させ、どこからでも、誰からでも、メンティを支えられる組織の実現を目指しています。

ジェイシーテクノロジー株式会社
取締役 技術サービス部
部長 古和田直樹さま

ご利用プラン

※上記金額には消費税は含まれていません。
※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

ご利用プラン

※上記金額には消費税は含まれていません。
※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

ご利用開始までの流れ

ご利用開始まで、最短「1日以内」で対応いたします

開始方法が不安な方も安心「導入ガイダンス」

貴社の状況に合わせ最適なサポート。オンライン会議や動画などでしっかり説明いたします。
ご利用開始にあたりマネジャー・メンバーの皆さまにお集まりいただければ、操作説明も実施いたします。

ご利用開始までの流れ

ご利用開始まで、

最短「1日以内」で対応いたします

開始方法が不安な方も安心

「導入ガイダンス」

貴社の状況に合わせ最適なサポート。
オンライン会議や動画などで
しっかり説明いたします。
ご利用開始にあたりマネジャー・メンバーの
皆さまにお集まりいただければ、
操作説明も実施いたします。