fbpx

コストを下げ、テクノロジーと人の力でマネジャーの育成を支援する。

環境が変わりこれまでの研修は、その形態も
コストも大きく見直さざるを得ない時を迎えているものの、
裏を返せば、人材育成の取り組みを大きく進化させる機会でもあります。
これは、カケアイに蓄積するファクトや数値を活かしながら
研修に効果的に接続し、さらには日常的な実践と
定着の質も圧倒的に高める、テクノロジーと人による支援によって
コスト削減と質の向上を実現するプランです。

コストを下げ、
テクノロジーと人の力で
マネジャーの育成を支援する。

環境が変わり、これまでの研修は、その形態もコストも大きく見直さざるを得ない時を迎えているものの、裏を返せば、人材育成の取り組みを大きく進化させる機会でもあります。これは、カケアイに蓄積するファクトや数値を活かしながら研修に効果的に接続し、さらには日常的な実践と定着の質も圧倒的に高める、テクノロジーと人による支援によってコスト削減と質の向上を実現するプランです。
コストを下げながら、
●研修をデジタル化してマネジャー・リーダーを育成したい。
●オンラインで現場のマネジャー・リーダーの悩み解消を支援したい。
●事業に貢献し組織を活性化するデジタル施策を提供したい。
テレワーク・リモートワークだからこそ、
●新人管理職を早期に育成したい・活躍を支援したい。
●ケアと育成ができるマネジャー・リーダーを増やしたい。
…etc.

こんな悩みが、解決する。

コストを下げながら、
●研修をデジタル化してマネジャー・リーダーを育成したい。
●オンラインで現場のマネジャー・リーダーの悩み解消を支援したい。
●事業に貢献し組織を活性化するデジタル施策を提供したい。
テレワーク・リモートワークだからこそ、
●新人管理職を早期に育成したい・活躍を支援したい。
●ケアと育成ができるマネジャー・リーダーを増やしたい。
…etc.

こんな悩みが、解決する。

カケアイが選ばれる主なポイント

※以下、育成対象者とは、管理職・新任管理職・管理職手前のリーダー層です。
①セッション&カケアイを通じて
型を学び、日常での実践と定着へ。
オンラインセッションのテーマは、対象層や課題に応じて設計します。
必ず抑えるポイントは個々のメンバーの特性や状況に応じていかに効果的に関わるか。セッションでメンバーのための対話に向けた「1on1・面談サポート」、メンバー自身の将来に向けて、今の仕事を意味づけ、内発的な動機を高める「今と将来のすり合わせ」等のカケアイの利用による期待成果を明確化した上で、現場で実践・活用していきます。
「メンバーを知り、相互理解も進む」
「メンバーの業務ミッション達成と育成にむけて関わることができる」
「メンバーの抱える問題を解決し成長を促す1on1を行う」
さらにその成果をセッションに持ち込み、議論を通じて得たナレッジを現場に持ち帰ります。
②カケアイに蓄積されたファクトが、
経験学習サイクルにおける
「省察」と「概念化」に効く。
メンバーとの関わりでカケアイを活用する中で、メンバーが日常で得ている実感が蓄積されていきます。
メンバー全体の傾向としての「1on1満足度」や「トピック×対応ごとの得意・不得意」を育成対象者自身にフィードバックすることで、早め早めの行動チューニングが可能に。
さらに、メンバーに約1分で終了する簡単なサーベイで「成長の実感」を選択してもらいます。これも育成対象者に直接フィードバックすることで、関わる側の意図と相手へのインパクトのギャップを特定。日常の関わり方に活かすことができます。
③客観データを
育成対象者の上司に届け、業務と育成の
両立に向けた関わりを生み出す。
上司や人事が、日々の業務の中で育成対象者のメンバーへの関わり方に課題を感じていても、育成対象者へ納得するフィードバックをすることは難しいもの。
メンバーと、どのような対話を積み重ねて、メンバーの成長を促すことができているかを、事業と人事が双方でデータを把握することで、スムーズに育成対象者の行動の改善を促すことが可能になります。
④育成対象者と
そのメンバーの実態を可視化し、
施策を即時チューニング。
人材育成がデジタル化することで、施策の企画・設計アプローチも大きく変化します。
育成の到達ゴールを定量化して把握することはもちろん、施策展開中にもKPIを設定し、目指す到達水準に向けて、セッションのテーマや取り組み内容を高速で最適化していきます。
理論やフレームワークに加えて、現場のファクトや数値に基づいた本当の事業成果に貢献する人材育成施策に。
そして、人事・人材開発・人材育成担当のミッションの高次での遂行と新たな付加価値の創出をサポートします。
オンラインセッションと並行したカケアイの活用イメージ
日常とオンラインセッションの中でカケアイを活用。カケアイによって育成対象であるマネジャー・リーダー、その部下にあたるメンバー、上司である部長層、人事・人材開発・人材育成担当者が自動的かつ自然に繋がります。人材育成の取り組みそのものが大きく進化し、育成効果が高まります。

カケアイが選ばれる主なポイント

※以下、育成対象者とは、管理職・新任管理職・管理職手前のリーダー層です。
①セッション&カケアイを通じて
型を学び、日常での実践と定着へ。
オンラインセッションのテーマは、対象層や課題に応じて設計します。
必ず抑えるポイントは個々のメンバーの特性や状況に応じていかに効果的に関わるか。セッションでメンバーのための対話に向けた「1on1・面談サポート」、メンバー自身の将来に向けて、今の仕事を意味づけ、内発的な動機を高める「今と将来のすり合わせ」等のカケアイの利用による期待成果を明確化した上で、現場で実践・活用していきます。
「メンバーを知り、相互理解も進む」
「メンバーの業務ミッション達成と育成にむけて関わることができる」
「メンバーの抱える問題を解決し成長を促す1on1を行う」
さらにその成果をセッションに持ち込み、議論を通じて得たナレッジを現場に持ち帰ります。
②カケアイに蓄積されたファクトが、
経験学習サイクルにおける
「省察」と「概念化」に効く。
メンバーとの関わりでカケアイを活用する中で、メンバーが日常で得ている実感が蓄積されていきます。
メンバー全体の傾向としての「1on1満足度」や「トピック×対応ごとの得意・不得意」を育成対象者自身にフィードバックすることで、早め早めの行動チューニングが可能に。
さらに、メンバーに約1分で終了する簡単なサーベイで「成長の実感」を選択してもらいます。これも育成対象者に直接フィードバックすることで、関わる側の意図と相手へのインパクトのギャップを特定。日常の関わり方に活かすことができます。
③客観データを
育成対象者の上司に届け、業務と育成の
両立に向けた関わりを生み出す。
上司や人事が、日々の業務の中で育成対象者のメンバーへの関わり方に課題を感じていても、育成対象者へ納得するフィードバックをすることは難しいもの。
メンバーと、どのような対話を積み重ねて、メンバーの成長を促すことができているかを、事業と人事が双方でデータを把握することで、スムーズに育成対象者の行動の改善を促すことが可能になります。
④育成対象者と
そのメンバーの実態を可視化し、
施策を即時チューニング。
人材育成がデジタル化することで、施策の企画・設計アプローチも大きく変化します。
育成の到達ゴールを定量化して把握することはもちろん、施策展開中にもKPIを設定し、目指す到達水準に向けて、セッションのテーマや取り組み内容を高速で最適化していきます。
理論やフレームワークに加えて、現場のファクトや数値に基づいた本当の事業成果に貢献する人材育成施策に。
そして、人事・人材開発・人材育成担当のミッションの高次での遂行と新たな付加価値の創出をサポートします。
各機能について
セルフアセスメント
脳科学に基づくアセスメントで、育成対象者はメンバー個々人への関わり方の基盤となる特性を把握。育成対象者とメンバーの特性の違いを踏まえた力の引き出し方をサジェスト。
1on1・面談サポート
メンバーのための対話にむけて、育成対象者がメンバーの期待を的確にスピーディに掴むための対応の型化をサポートを。メンバーの「すっきり度」を把握して最適な関わりを実現。
Monthly hearing
メンバーに対して毎月1回行われるシンプルなサーベイ。メンバーひとり一人の業務を通じて得た実感を定点観測することで、育成対象者はメンバーの状態を把握しながら関わり方を改善。
アドバイスタイムライン
育成対象者がメンバーに送ったアドバイスをリアルタイムに対象者間で共有。育成対象者をつなぎ、ナレッジを活用して他の対象者の対応を自らに取り入れるのをサポート。
ナレッジデータベース
育成対象者が行った成果につながる行動を促し、アウトプットの質を高めるアプローチを蓄積。マネジメントの知見を育成対象者に展開し、組織のマネジメント力を高め続ける。
ビジュアライゼーション
対象者の上司・人事・人材開発・人材育成ご担当者が、具体的かつ端的に組織の実態を掴み、適切な現場フォローを実現。育成対象者にも活用できるデータを還元。ファクトベースで日々のマネジメントを効果的に。
今と将来のすり合わせ
メンバー自身の将来に向けて、今の仕事を意味づけ、内発的な動機を高める。そのために必要なメンバーと育成対象者の対話をサポートし、日常の業務に繋ぎ仕事のパフォーマンスを最大化。
他サービス連携
業務で普段使っているツールとカケアイをシームレスに。1アクションで手軽に連携。
各機能について
セルフアセスメント
脳科学に基づくアセスメントで、育成対象者はメンバー個々人への関わり方の基盤となる特性を把握。育成対象者とメンバーの特性の違いを踏まえた力の引き出し方をサジェスト。
1on1・面談サポート
メンバーのための対話にむけて、育成対象者がメンバーの期待を的確にスピーディに掴むための対応の型化をサポートを。メンバーの「すっきり度」を把握して最適な関わりを実現。
Monthly hearing
メンバーに対して毎月1回行われるシンプルなサーベイ。メンバーひとり一人の業務を通じて得た実感を定点観測することで、育成対象者はメンバーの状態を把握しながら関わり方を改善。
アドバイスタイムライン
育成対象者がメンバーに送ったアドバイスをリアルタイムに対象者間で共有。育成対象者をつなぎ、ナレッジを活用して他の対象者の対応を自らに取り入れるのをサポート。
ナレッジデータベース
各育成対象者が行った成果につながる行動を促し、アウトプットの質を高めるアプローチを蓄積。マネジメントの知見を育成対象者に展開し、組織のマネジメント力を高め続ける。
ビジュアライゼーション
対象者の上司・人事・人材開発・人材育成ご担当者が、具体的かつ端的に組織の実態を掴み、適切な現場フォローを実現。育成対象者にも活用できるデータを還元。ファクトベースで日々のマネジメントを効果的に。
今と将来のすり合わせ
メンバー自身の将来に向けて、今の仕事を意味づけ、内発的な動機を高める。そのために必要なメンバーと育成対象者の対話をサポートし、日常の業務に繋ぎ仕事のパフォーマンスを最大化。
他サービス連携
業務で普段使っているツールとカケアイをシームレスに。1アクションで手軽に連携。

料金プラン

料金は初期設計費用+固定月額+従量で決定。従量部分はマネジャー1人あたり3,500円。メンバーや管理者などの人数は無制限です。

研修企画・実施、会場・交通費などを含めたトータルの人材育成費がデジタル化によって、1/3に。

研修のセッション費用は、別途研修の回数や内容に応じて個別お見積りとなります。

※金額は全て税別です。※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

今ご契約の場合、
初期費用はゼロ。
固定月額も半額。

料金は初期設計費用+固定月額+従量で決定。従量部分はマネジャー1人あたり3,500円。メンバーや管理者などの人数は無制限です。

研修企画・実施、会場・交通費などを含めたトータルの人材育成費がデジタル化によって、1/3に。

研修のセッション費用は、別途研修の回数や内容に応じて個別お見積りとなります。

※金額は全て税別です。※類似サービスをご提供されている企業様からのエントリーやお申込みに対してはご利用をお断りする場合がございます。

導入企業
導入企業
ご利用開始までのステップ
セッション、個別面談、カケアイのシステム等の施策を目的に応じて全体設計いたします。
ご利用開始までのステップ
セッション、個別面談、
カケアイのシステム等の施策を目的に応じて
全体設計いたします。
他にも、求める効果で選べるプランをご用意
比較検討で「一度も」
選ばれなかったことがない1on1ツール。
1on1プラン
かける時間や負担の割りに、質が低くなりがちな1on1。そもそもメンバーとの対話はマネジャーの個人力に依存しがちなもの。1対1の対話を促したり、ただ記録を残すだけでは、目的は達成できません。カケアイは、1on1にかかる負担を減らし、対話の質までも大きく変えるベストな1on1プラットフォームです。
マネジャーの能力次第で
生産性2割・業績5割・エンゲージメント3割改善。
マネジメント強化・支援プラン
マネジャー次第で「生産性2割・業績5割・エンゲージメント3割」の変動があると言われます。事業環境も働き方も大きく変わり、待った無しのこの状況に対応するためには、最前線のマネジメントの強化と支援が急務です。これは、テクノロジーを用いて、個々のメンバーの力を最大限に引き出すことを実現し、同時にマネジャーにかかる負担も軽減するプランです。
他にも、求める効果で
選べるプランをご用意
比較検討で「一度も」
選ばれなかったことがない1on1ツール。
1on1プラン
かける時間や負担の割りに、質が低くなりがちな1on1。そもそもメンバーとの対話はマネジャーの個人力に依存しがちなもの。1対1の対話を促したり、ただ記録を残すだけでは、目的は達成できません。カケアイは、1on1にかかる負担を減らし、対話の質までも大きく変えるベストな1on1プラットフォームです。
マネジャーの能力次第で
生産性2割・業績5割・エンゲージメント3割改善。
マネジメント強化・支援プラン
マネジャー次第で「生産性2割・業績5割・エンゲージメント3割」の変動があると言われます。事業環境も働き方も大きく変わり、待った無しのこの状況に対応するためには、最前線のマネジメントの強化と支援が急務です。これは、テクノロジーを用いて、個々のメンバーの力を最大限に引き出すことを実現し、同時にマネジャーにかかる負担も軽減するプランです。