fbpx

テレワーク・リモートワークに代表されるように働き方の変化や多様化が進む今、より難度と重要性が高まる「コミュニケーションの質の向上」。面談・1on1をサポートし、ピープルマネジメントに関するナレッジを蓄積・展開するするAIクラウドシステム「KAKEAI(法人向け)」から、個人やチームで簡単に使い始められるライトなSlack Appが登場しました。

テレワーク・リモートワークに代表されるように働き方の変化や多様化が進む今、より難度と重要性が高まる「コミュニケーションの質の向上」。面談・1on1をサポートし、ピープルマネジメントに関するナレッジを蓄積・展開するするAIクラウドシステム「KAKEAI(法人向け)」から、個人やチームで簡単に使い始められるライトなSlack Appが登場しました。

チームでのコミュニケーションにおける、
こんなストレスを
“kakeai for team”で、解消します。

チームでの
コミュニケーションにおける、
こんなストレスを
“kakeai for team”で、解消します。

会話のきっかけを気楽に

最近めっきり減ってしまった「調子どう?」「ちょっといい?」というチーム内での大切な会話のきっかけ。それらをとにかく気楽に生み出し、声をかけるタイミングや、声のかけ方や、文章の送り方に悩まされるストレスを解消します。使い方は簡単。「調子どう?」「ちょっといい?」という指定の言葉をアプリに投稿し、相手を選ぶだけ。不思議な魔神があなたにかわって相手に声をかけます。

会話のきっかけを気楽に

最近めっきり減ってしまった「調子どう?」「ちょっといい?」というチーム内での大切な会話のきっかけ。それらをとにかく気楽に生み出し、声をかけるタイミングや、声のかけ方や、文章の送り方に悩まされるストレスを解消します。使い方は簡単。「調子どう?」「ちょっといい?」という指定の言葉をアプリに投稿し、相手を選ぶだけ。不思議な魔神があなたにかわって相手に声をかけます。

そして会話がズレない

もちろん会話の質が重要です!調子どう?への返答や、ちょっといい?と声をかける時に、話したいトピックと相手に求める対応(話を聞いてほしいのか、アドバイスが欲しいのか、報告したいのか、一緒に考えて欲しいのか…)を選択するだけ。たったこれだけで驚くほど会話のズレがなくなります。ストレスを乗り越えてようやく声をかけたのに、会話の質が…そんなストレスを解消します。

そして会話がズレない

もちろん会話の質が重要です!調子どう?への返答や、ちょっといい?と声をかける時に、話したいトピックと相手に求める対応(話を聞いてほしいのか、アドバイスが欲しいのか、報告したいのか、一緒に考えて欲しいのか…)を選択するだけ。たったこれだけで驚くほど会話のズレがなくなります。ストレスを乗り越えてようやく声をかけたのに、会話の質が…そんなストレスを解消します。

日程の調整や、
対応も簡単・気楽に。

とにかくシンプル。リアクションも選ぶだけ!
そして日程の調整まで可能(今後カレンダー連携も予定)。
アプリ上でのコミュニケーションも全てが気軽です。

日程の調整や、
対応も簡単・気楽に。

とにかくシンプル。
リアクションも選ぶだけ!
そして日程の調整まで可能
(今後カレンダー連携も予定)。
アプリ上でのコミュニケーションも
全てが気軽です。

Slackご利用中の皆さまは、いますぐ無料でインストール

Slackご利用中の皆さまは
いますぐ無料でインストール

自分のメッセージに
不安を抱くことがある

約70%

自分の送るメッセージが
正しく伝わるかが不安

約76%

メッセージにかかる時間は
平均5分54秒、1日で

82分57秒

自分のメッセージに
不安を抱くことがある

約70%

自分の送るメッセージが
正しく伝わるかが不安

約76%

メッセージにかかる時間は
平均5分54秒、1日で

82分57秒

様々なツールの進化により、ビジネスシーンでのメールやメッセージのやりとりは楽になったように感じますが、実際は多くの方がこのような不安やストレスを抱えています。また、働き方が多様化する中で、違う場所で働くチームメンバーの状況を感じたい・知りたい・把握しておきたい、といったもどかしさも募りがちです。

あなたの「話したい・感じたい」のきっかけを気楽に、話をズラさない。
“kakeai for team”は、質の高いコミュニケーションを実現します。

<データ出典>https://businessmail.or.jp/wp_research2020/

様々なツールの進化により、ビジネスシーンでのメールやメッセージのやりとりは楽になったように感じますが、実際は多くの方がこのような不安やストレスを抱えています。また、働き方が多様化する中で、違う場所で働くチームメンバーの状況を感じたい・知りたい・把握しておきたい、といったもどかしさも募りがちです。

あなたの
「話したい・感じたい」のきっかけを
気楽に、話をズラさない。
“kakeai for team”は質の高い
コミュニケーションを実現します。

<データ出典>
https://businessmail.or.jp/wp_research2020/

Slackご利用中の皆さまは、いますぐ無料でインストール

Slackご利用中の皆さまは
いますぐ無料でインストール