1on1を通じて、一人ひとりとの対話と、その質の改善を実践し、
真のニューノーマルへ向けて社会をリードする企業と最前線のマネジャー
1on1を通じて、
一人ひとりとの対話と、その質の改善を実践し、
真のニューノーマルへ向けて社会をリードする
企業と最前線のマネジャー
People Success Companies & Managers

企業と個人の繋がり方の未来、その形態だけが突如現実になりました。
私たちはオフィスから離れながらも、チャットツールやビデオ会議ツールに完全に慣れ「仕事のスピードや量」を担保し、この変化に順応しました。

今、このニューノーマルを、企業と個人にとっての本当のノーマルとするために、「仕事のスピードや量」への順応だけでは決して補えない、そしてこの環境だからこそ難しい、しかし企業と個人ために [当たり前のもう一つのこと] を高いレベルで実践する企業があります。
これらの企業が取り組むのは「一人ひとりとの対話、そしてその質の改善」です。

敢えて1on1という場を設け、一人ひとりの今とこれからに向き合い対話し、その対話の質を改善し続けています。
1on1プラットフォーム「KAKEAI」に蓄積する1on1実施データを元に、真のニューノーマルへ向けて社会をリードする企業と最前線のマネジャーをご紹介します。

People Success Companies

メンバーの1on1満足度や成長実感が高い企業

最も頻度高くメンバーに向き合っている企業
(最も1on1の頻度が高い)

Highest frequency
of 1-on-1

アビームコンサルティング株式会社

最もメンバーの1on1満足度が高い

Highest satisfaction
of 1-on-1

NECマネジメントパートナー株式会社

最もメンバーの1on1満足度が改善

Highest
improved satisfaction
of 1-on-1

NTTコミュニケーションズ株式会社
(ビジネスソリューション本部)

最もメンバーの成長実感が高い

Highest
sense of personal
growth

アステラス製薬株式会社

People Success Managers

メンバーの1on1満足度が高いマネージャー

「求められている対応」部門

「求められている対応」部門
「求められている対応」部門

カケアイでの1on1の流れ

メンバー・マネージャー双方の負担を減らし、劇的に対話の質を高めます。
メンバー・マネージャー双方の負担を減らし、
劇的に対話の質を高めます。

1on1の前
メンバーとマネジャーの事前準備の負担と不安を軽減。
メンバーは話したいトピックと求める対応を選ぶだけ。
マネジャーには関わり方のヒントまでレコメンド。
1on1の最中
オンライン会議システム不要のビデオ通話機能、
リアルタイム共同編集メモ機能…etc.で、
コミュニケーションのズレをなくし、1on1を積み上げる。
1on1の後
メンバーは忖度不要の「すっきり」ボタンを押すだけ。
マネジャー自身が余計なプレッシャーを感じることなく
行動改善材料を手にできる。

前・最中・後
前・最中・後のイメージ


1on1の前
メンバーとマネジャーの事前準備の負担と不安を軽減。
メンバーは話したいトピックと求める対応を選ぶだけ。
マネジャーには関わり方のヒントまでレコメンド。

1on1の最中
オンライン会議システム不要のビデオ通話機能、リアルタイム共同編集メモ機能…etc.で、コミュニケーションのズレをなくし、1on1を積み上げる。

1on1の後
メンバーは忖度不要の「すっきり」ボタンを押すだけ。
マネジャー自身が余計なプレッシャーを感じることなく
行動改善材料を手にできる。

カケアイが選ばれる 5つのポイント

1on1の前も最中も後も、
カケアイがメンバーとマネジャーの間に入り、コミュニケーションをサポートします。

カケアイが選ばれる
5つのポイント

1on1の前も最中も後も、
カケアイがメンバーとマネジャーの間に入り、
コミュニケーションをサポートします。

1on1の前メンバーとマネジャーの事前準備の負担と不安を軽減

1on1の前メンバーとマネジャーの
事前準備の負担と不安を軽減

1

メンバーの事前準備は選ぶだけ
言葉で伝えるのが難しく面倒なことを遠慮なく簡単に伝えられる
マネジャーは心の準備が十分にできるズレない・本音が聞ける・話せる ための情報をレコメンド
事前準備はとにかく簡単。日程を決め、話したい「トピック」と「マネジャーに求める対応」を選ぶだけ。「求める対応」とは「具体的なアドバイスがほしい・一緒に考えて欲しい・話をきいてほしい・意見をききたい・報告したい」というもの。言葉にして伝えるのが難しく面倒な「マネジャーに求める対応」を遠慮なく選ぶことができ、1on1を自分ための時間に変えることができます。日程は、普段お使いのOutlookやGoogleカレンダーに自動反映されます。
2

マネジャーは心の準備が十分にできる
ズレない・本音が聞ける・話せる ための情報をレコメンド
メンバーは何について話したいと思い、自分にどのような対応(テーマ)を求めているのか?
「具体的なアドバイスがほしいのか?」「一緒に考えて欲しいのか?」「話をきいてほしいのか?」「意見をききたいのか?」「報告したいだけなのか?」。これらが事前に掴めるだけでもストレスが減り、質が高い1on1が実施できます。さらに、マネジャー自身が得意な対応(テーマ)なのか?苦手な対応(テーマ)だから注意して対話すべきなのか?も伝えます。そのテーマの対話をする上で、世の中のカケアイを利用する全てのマネジャーが持つ「知恵やコツ」までレコメンド。マネジャーを徹底的に助けます。

1on1の最中コミュニケーションのズレをなくし、1on1を積み上げる

1on1の最中コミュニケーションのズレをなくし、
1on1を積み上げる

3

1on1での対話が積み上がる
認識のズレをカバーし、シームレスに宿題を設定する事も可能
オンライン会議システムは不要です。ビデオ通話機能が内蔵されています。
共通のメモスペースは共同編集でき、お互いの入力をリアルタイムに確認し合えます。仕事の会話も、キャリアの会話も、プライベートの会話も…お互いの認識がずれることはありません。残したメモは、次の1on1にも引き継がれます。忙しいマネジャーが会話の内容を忘れてしまうことを防ぐだけではなく、毎回の1on1の対話をしっかり積み上げ、質を高め続けることを助けます。
シームレスに「宿題」を設定することも可能。OutlookやGoogleカレンダーへ自動反映されます。

1on1の後マネジャー自身が行動改善材料を手にできる

1on1の後マネジャー自身が
行動改善材料を手にできる

4

忖度不要なFB機能で
マネジャー自身が行動改善材料を手にできる
メンバーは、1on1が終わったら「すっきり!」ボタンを押します。気を使って押す必要がないように、マネジャーには誰がどのように押したかはわからない仕組みになっています。マネジャーには、月に1度、メンバー全体の傾向として、1on1の満足度や、トピック×対応ごとの得意・苦手をフィードバックします。マネジャー自身も早め早めに自分の行動を改善できます。さらに、月に一度メンバーには約1分で終了する簡単なサーベイで「成長の実感」を選択してもらいます。これも、マネジャーへフィードバックし、マネジャー自身の認識に照らしながら1on1での対話へ活かすことができます。

1on1以外の日常でも

5

1on1以外でもメッセージのやりとりが可能
蓄積するマネジャー個人が持つ対話のナレッジが、組織全体で使える
カケアイは、1on1以外の場面でも日常的に有効に使えます。育成の観点やメンバーの困りごとに対して、「これは伝えておきたい」ということをメッセージすることができます。このデータは、それぞれのマネジャーが持つメンバーとの対話や関わり方のナレッジです。このナレッジは、メンバーの状況や育成のテーマごとに分類され、組織の全てのマネジャーがいつでも自由に活かせます。
費用
費用

サービスのお問い合わせ
各種資料ダウンロードはこちら

  • サービスの
    詳細説明を
    ご希望の方
  • サービス
    紹介動画の
    視聴をご希望の方
  • 他社サービス
    比較資料を
    ご希望の方
下記の項目をご入力ください。
担当よりメールまたはお電話にてご連絡差し上げます。

下記の項目をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に動画視聴先のURLを送付いたします。

下記の項目をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛にダウンロード先のURLを送付いたします。